メモリーチャイムに『無線式子ランプ』が仲間入りしました

無線式子ランプ

荷棚など、高い場所に取り付けられた高速バスの子ランプでは、お客様はシートベルトを外し、立ち上がらなければ押すことが出来ない場合があります。

無線式ユニットを組み込むと、お客様はシートベルトを外したり走行中のバス車内で立ち上がる必要がありませんので、安全に降車の意思を乗務員に伝えることができます。

無線式ユニットは『送信機』・『受信機』・『アンテナユニット』で構成されます。

無線式子ランプシステム

送信機は、ボタン型電池を使用した無線装置で、煩わしい配線は不要です。

受信機と従来のメモリーチャイム親機を連動し、無線の降車合図システムを構築することができます。
もちろん、従来の子ランプと組み合わせることも可能です。

spacer