東京都町田市とバス接近表示システムを共同開発しました。

コミュニティバスの路線は、道路の幅が狭い住宅街などへの運行が多数あります。
そのような場所の見通しが悪いカーブでは、対向車に気付かずすれ違う際事故に繋がる可能性もあります。
そうなる前に対向車の接近が事前に分かっていたら…なんて思う事はないでしょうか。


このような問題の解決策として、対向車に待機のお知らせが出来る表示器を設置したいと考え東京都町田市と共同で「バス接近表示システム」を開発しました。

以前、町田市で設置をしている『冠水警報表示システム』に基づき製作を行い 同市が運行しているコミュニティバスの路線内に設置をしています。

クリックで拡大してご覧いただけます

対向車だけでなく歩行者への注意喚起にもなり、安心して走行する事が出来ますね。



バス接近表示システムイメージ図


※ 操作ボタン1つで複数の表示器を連動させることができます。
※ 表示消灯は自動タイマーで行いますので何度も操作する必要はありません。


spacer